グレース・パートナーズ社労士事務所

佐佐木由美子のちょっと役立つコラム

採用選考時に配慮すべき14事項

 

こんにちは、社会保険労務士の佐佐木由美子です。
東京では、寒い日が続いていますが、皆さまお元気にお過ごしでしょうか。

 昨今、採用選考過程におけるトラブルが裁判に発展する事態も珍しくありません。
こうした不要なトラブルから会社を守るため、今回は厚生労働省が掲げる「採用選考時に配慮すべき事項」を確認しましょう。

 本人に責任のない事項の把握や本来自由であるべき事項について、応募用紙等に記載させたり面接で尋ねたりすることは、就職差別につながる恐れがあるとされており、採用選考の方法についても配慮が求められます。

 【本人に責任のない事項の把握】

1)本籍・出生地に関すること(注:「戸籍謄(抄)本」や本籍が記載された「住民票(写し)」を提出させることはこれに該当します)

2)家族に関すること(職業、続柄、健康、地位、学歴、収入、資産など)(注:家族の仕事の有無・職種・勤務先などや家族構成はこれに該当します)

3)住宅状況に関すること(間取り、部屋数、住宅の種類、近郊の施設など)

4)生活環境・家庭環境などに関すること

 【本来自由であるべき事項(思想信条にかかわること)の把握】

 5)宗教に関すること

 6)支持政党に関すること

 7)人生観、生活信条に関すること

 8)尊敬する人物に関すること

 9)思想に関すること

 10)労働組合・学生運動など社会運動に関すること

 11)購読新聞・雑誌・愛読書などに関すること

 【採用選考の方法】

 12)身元調査などの実施

 13)全国高等学校統一応募用紙・JIS規格の履歴書(様式例)に基づかない事項を含んだ応募書類の使用

 14)合理的・客観的に必要性が認められない採用選考時の健康診断の実施

人間性や仕事観など、応募者についてもっと知りたいという思いから、面接の場でつい尋ねてしまいそうな事項があると思いませんか?
採用選考方法をめぐってトラブルとならないよう、上記事項を踏まえ、応募用紙等や面接における質問事項の再確認をしていただければと思います。

グレース・パートナーズ社労士事務所では、こうした採用活動などの労務管理をはじめ、人事労務に関するご相談、各種社会保険の内容や手続き等について、ご相談を承ります。

詳しくはこちら↓

http://www.sasaki-sr.net/

 

 

グレース・パートナーズ社労士事務所

 

 

ぜひこのコラムに『いいね!』をお願いします↓↓

 


2015年01月23日

Backnmber