グレース・パートナーズ社労士事務所

佐佐木由美子のちょっと役立つコラム

有期契約労働者の無期転換、対象者は?

 

こんにちは、社会保険労務士の佐佐木由美子です。

 

あなたの会社には、期間を定めて雇用している契約社員や契約パート・アルバイトの方がいるでしょうか?

 

有期契約労働者がいる場合、今後注意しておかねばならない問題があります。今回は、有期契約労働者の無期転換をテーマにお伝えします。

 

平成25年4月1日施行の労働契約法の改正により、有期契約労働者の無期転換ルールが導入されました。

 

同一の使用者との間で平成25年4月1日以降に開始(更新を含む。)した有期労働契約が反復更新され、通算5年を超えたときに、労働者の申込みにより期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換するというものです。この権利を「無期転換申込権」といいます。

 

有期労働契約が通算5年を超えると、自動的に無期転換されるものではありません。この点を誤解している方が多いようですが、労働者が無期転換申込権を行使するかどうかは本人次第です。

 

平成25年4月1日以後に開始した有期労働契約の通算契約期間が5年を超える場合、その契約期間の初日から末日までの間に、無期転換の申込みをすることができます。

 

平成25年4月1日が初日の期間1年の労働契約であれば、対象の労働者に無期転換申込権が発生するのは、平成30年4月1日以降となります。

 

無期転換ルールの対象者を確認しましょう。

 

無期転換ルールは、パート、アルバイト、派遣社員、契約社員、嘱託など職場での呼び名にかかわらず、有期労働契約で働く人であれば、対象となります。

 

では、学生アルバイトであっても契約期間が通算5年を超えたときに無期転換の申し込みができるのでしょうか。

 

無期転換ルールには、一部の高度専門職・継続雇用の高齢者は、労働局長の認定を受けると、適用されない特例が設けられています。

 

しかしながら、「学生アルバイト」であるからといって適用が除外されることはありません。

 

対象労働者が無期転換を申し込んだ場合、会社は断ることができません。無期転換の申込みがなされると、当然に無期労働契約が成立するので会社が雇用を終了させようとする場合は、無期労働契約を解約(解雇)する必要があります。

 

しかし解雇は、「客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当と認められない場合」には、権利濫用に該当するものとして無効となります(労働契約法第16条)。この点については十分に留意したいところです。

 

なお、無期転換後の労働条件についてですが、「無期転換したから正社員と同様とする」という必要はありません。

 

無期労働契約の労働条件は、別段の定めがない限り、直前の有期労働契約と同一となります。この点について、どのような労働条件とするか会社としても十分に検討する必要があるでしょう。

 

グレース・パートナーズ社労士事務所は、日々の労務に関するご相談、就業規則の策定や改定、各種保険に関するお手続きを承っています。

 詳しくはこちら↓

http://www.sasaki-sr.net/

 

ぜひこのコラムに『いいね!』をお願いします↓↓


2016年09月14日

Backnmber