グレース・パートナーズ社労士事務所

佐佐木由美子のちょっと役立つコラム

過労死等防止対策推進法の施行と今後の対策

 

こんにちは、社会保険労務士の佐佐木由美子です。
11月に入ると、急にクリスマスや忘年会の話題が増えてきますね。
今年を気持ちよく締めくくるためにも、あと少し頑張っていきましょう。

ところで、すでにご存知のことと思いますが、11月1日から「過労死等防止対策推進法」が施行されています。
この法律で「過労死等」とは、「業務における過重な負荷による脳血管疾患もしくは心臓疾患を原因とする死亡、もしくは業務における強い心理的負荷による精神障害を原因とする自殺による死亡またはこれらの脳血管疾患もしくは心臓疾患もしくは精神障害」と定義されています。

こうした過労死等を防止するために、11月は過重労働解消キャンペーンを行い、啓発活動に力を入れています。
このキャンペーンでは、著しい過重労働や悪質な賃金不払残業などの撲滅に向けた監督指導や過重労働に関する無料電話相談などが実施されていますが、注目したいのが重点監督の実施です。

特に、労働基準監督署やハローワークに寄せられた相談等をもとに、離職率が極端に高く若者の使い捨てが疑われる企業に対して重点的に監督を実施するというもの。
また、長時間労働が原因とされる過労死等に係る労災請求が行われた事業場に対しても行われます。

確認されるのは、時間外・休日労働が「36協定」の範囲内であるかどうか、という基本的な事項から、賃金不払い残業がないかどうかなど、法違反が認められた場合には「是正指導」が入ります。
また、重大・悪質な違反が確認された場合には、書類送検され、事実を公表されることもあります。

こうしたことが公になれば、企業イメージの低下は避けられません。
もちろん、日頃からきちんと対応されていれば問題ありませんが、何の対策・対応も取らず、放っていた状態であれば、極めて経営リスクが高いと言えます。

労働時間の管理が適切に行われておらず、サービス残業の問題などがある場合には、早急に対策を取り、労務管理体制をきちんとできているか見直しをされることを強くお勧めいたします。
また、労務管理を適切に行っていくということは結果、職場環境の整備につながりますので、従業員の満足度も高まり、生産性の向上につながります。

こうした「労務管理」をきちんと行っていくことは、今後、不要なトラブルを避けるとともに、従業員の生産性を高めて、相対的に利益につなげていく仕組みとなりますので、大きく会社に貢献する施策になります。
しかしながら、労務管理に関する法令や制度など、すべてを把握・理解するのは、日々の業務もありますので、なかなか難しいものです。

そこで、私、佐佐木が、社会保険労務士としての立場から、抑えておくべき「労務管理」のポイントについて解説するセミナーを開催致します。
とにかく、このポイントは抑えておくべき、整備できていなければ整備すべきポイントをお伝え致します。
事業拡大をお考えの経営者の方やこれから起業をして人を雇用しようとお考えの方、また、現在、労務管理に不安を感じていらっしゃる方は必見です。

この「労務管理」セミナーは、11月20日(木)午後1時30分~ 東京・京橋にて開催致します。

http://www.sasaki-sr.net/business/class.html

このセミナーでは、労使間トラブルとなりやすい、「残業問題」や、退職処理にまつわる実務について、また、最近の労使間トラブルの事例とその傾向など、あまりメルマガなどでお話しきれない情報をお伝えする予定です。

最近、よくニュースで見かけるようになった労使間トラブル。ニュースに出てしまったら、企業イメージは一気に下がってしまうことは、実感されていると思います。
そうならないよう、事前の理論武装を行い、トラブルを未然に防ぐ対策を講じて頂ければと思います。

セミナー当日には、質疑応答の時間を設けますので、日頃の労務に関する疑問や不安に思われていることなど、直接、社会保険労務士にご質問頂ける貴重な機会でもあります。

この機会をお見逃しなく!!

セミナーのお申込みは今すぐこちらから↓

http://www.sasaki-sr.net/business/class.html

当日会場にてお逢いできればと思います。
ご参加お待ちしております。

 

 

グレース・パートナーズ社労士事務所

 

 

ぜひこのコラムに『いいね!』をお願いします↓↓


2014年11月14日

Backnmber