グレース・パートナーズ社労士事務所

佐佐木由美子のちょっと役立つコラム

28年2月16日から変更された雇用継続給付の申請方法

 

こんにちは、社会保険労務士の佐佐木由美子です。
この時期、花粉症でマスクが手放せませんが、みなさんは大丈夫でしょうか。

今年から運用が始まったマイナンバー制度ですが、それに関連して法改正がありました。
今回はその内容を確認していきましょう。

●2016年2月16日より、雇用保険法施行規則の一部を改正する省令が施行され、雇用継続給付の申請は、原則として事業主を経由することとなりました。

これにより、雇用継続給付の申請を行う事業主は、マイナンバー法上は「個人番号関係事務実施者」として取り扱われます。

それまでは、マイナンバー法によって、ハローワークへの代理権の確認書類や個人番号確認書類の提出が求められていました。

2月16日以降、事業主が雇用継続給付の申請を行う場合、従業員の個人番号確認(正しい番号であることの確認)と身元(実在)確認(番号の正しい持ち主であることの確認)をすればよいことになり、だいぶ負担が減りました。

申請書式においても、受給資格確認の申請時に本人のマイナンバーを記載すればよく、大幅な変更はありません。

旧書式をご利用される場合は、「個人番号登録・変更届出書」により、マイナンバーを提出することとなります。この点はご注意ください。

なお、事業主から委託を受けた社会保険労務士も個人番号関係事務実施者となります。

● グレース・パートナーズ社労士事務所は、各種社会保険手続、就業規則の作成等承っています。

詳しくはこちら↓

http://www.sasaki-sr.net/

 

グレース・パートナーズ社労士事務所

 ぜひこのコラムに『いいね!』をお願いします↓↓


2016年02月29日

Backnmber