グレース・パートナーズ社労士事務所

佐佐木由美子のちょっと役立つコラム

28年4月から変更される傷病手当金/出産手当金の計算方法

 

こんにちは、社会保険労務士の佐佐木由美子です。

最近、少しずつ日が長くなっているように思いますが、まだ寒いですね。

さて、4月は改正の多い時期ですが、そのひとつに傷病手当金・出産手当金の計算方法の変更があります。

これは手当金を受給される被保険者にとってみれば、大きなインパクトがある改正ですので、内容を確認しておきましょう。


● 平成28年4月より、傷病手当金と出産手当金の給付金額の計算方法が変更されます。

傷病手当金とは、業務外のケガや病気による療養のために働くことができず、連続3日以上仕事を休んだときに申請により4日目から給付金がもらえるというもの(その他要件あり)です。

一方、出産手当金とは、出産のために仕事を休み給与が受けられないときに、産休中の生活保障として支給されるものです。

平成28年3月31日までの1日あたりの支給金額は、次の通りです。

休んだ日の標準報酬月額÷30日×2/3

平成28年4月1日からの1日あたりの支給金額は、次のように変更されます。

支給開始日以前の継続した12ヶ月間の各月の標準報酬月額を平均した額÷30日×2/3

支給開始日(一番最初に給付が支給された日)以前の期間が12ヶ月に満たない場合は、次の2つを比べて少ない方の金額を使用して計算します。

(1)支給開始日の属する月以前の継続した各月の標準報酬月額の平均額

(2)28万円(当月年度の前年度9月30日における全被保険者の同月の標準報酬月額を平均した額)
  ※ 協会けんぽの場合

なお、協会けんぽにおいては、休業以前12ヶ月の間に転職をしている場合の平均標準報酬月額の計算方法は、転職する前も協会けんぽに加入しており、離職していた期間が原則1か月以内であれば、転職前後の標準報酬を通算して計算するとされている点に注意が必要です。

● グレース・パートナーズ社労士事務所は、各種社会保険手続、就業規則の作成等承っています。

 詳しくはこちら↓

http://www.sasaki-sr.net/


グレース・パートナーズ社労士事務所

 ぜひこのコラムに『いいね!』をお願いします↓↓


2016年02月15日

Backnmber