グレース・パートナーズ社労士事務所

佐佐木由美子のちょっと役立つコラム

採用活動に育休制度が貢献する理由

こんにちは、社会保険労務士の佐佐木由美子です。

今日は、育休制度の導入・整備が、採用活動にも大きく貢献している、というお話をしたいと思います。

あるクライアント企業様とお話をさせて頂いた際、「最近は、育児休業制度があるかどうか」「育休の取得実績はあるか」といった質問を、就職希望者から頂くことが多くなった、ということ。

特に、女性の社会進出や女性管理職が増えてきた今の時代を反映しているためか、応募者が求人広告を見るときに、「育休制度あり」かどうか「育児サポートあり」かを、企業を選ぶ際のひとつの判断ポイントとしてチェックしている動きが見られます。

実際、女性向けの求人情報・転職サイトなどの、求人検索項目に「育休制度あり」かどうかのチェック項目があるぐらいです。

これから就職をする会社を調べる際、会社のホームページをチェックするのは、今や当たり前の時代です。

応募者からすれば、業務内容や業績はもとより、どのような社風であるか、どのような先輩たちがいきいきと働いているのか、どのような福利厚生が整っているのか・・・といったことは、ぜひとも事前に仕入れておきたい情報です。

特に、女性は、だいたいの場合、就職後に結婚、出産ということがあるのですが、ここで、これまでのキャリア(経験やスキル)をそのままに、仕事を続けたいというニーズが高まっているのも確かです。

ここで、御社のウェブサイトに「育休制度」があるのかどうか、これまでの取得実績などを掲載、紹介することで、採用の面での強みになりますし、また、企業イメージアップにも貢献します。

 

テレビでご覧になられたことがあるかと思いますが、化粧品の通信販売でおなじみの再春館製薬所では、育休制度が充実していることをアピールするCMを放映されています。

■再春館製薬所のCM

 「子育て面談」篇その1

「子育て面談」篇その2

 このCMは、誰向けのCMなのか?

1つは、将来、この会社で働くテレホンオペレーターさん予備軍の方向けに、「育児サポートが充実しています」ということで、採用戦略のひとつとして展開しています。

もう1つは、企業イメージの向上です。女性向けの商品を扱っている会社が女性にやさしい会社であるという(CM内でも言っていますよね)ことをアピールしています。

企業として、育休制度があるということを表明するだけでも、採用や企業イメージなどに、大きく貢献します。

育休制度があるというだけでも、かなりのアドバンテージとなるでしょう。

もちろん、これから就職される方や、現在の社員さんの中から「育児休業を取ろう」と思ってはいないかもしれませんが、

「長く働き続けられる環境」=「働きやすい会社」

という大変好ましいイメージが、働く皆さんの心に残るはずです。

これは女性だけでなく、男性の応募者にとっても、社員を大切にする会社であるというイメージ戦略につながります。

 

今さら育児休業制度を整えるだなんて、時間の無駄、と思っていたら、大きな誤解です。

例えば、御社とほぼ同じような雇用条件、企業規模、業績・・・であったら、就職希望者は、育休制度がない会社よりも、育休制度が整っている会社の方を選ぶのではないでしょうか?

特に、最近の女性はご自身のライフデザイン、キャリアデザインを真剣に考えられていますので、「女性が働きやすい環境」であるかは、非常に大きな判断基準となります。

「企業は人なり」といいますが、優秀な人材を確保するには、特に中小企業においては、他社との差別化がますます求められています。

さらに、育児休業制度を整備は採用面だけでなく、今いる社員の離職率の軽減施策にもなりますので、十分に会社へのメリットとなることでしょう。

高いスキルと経験を持った方が、出産・育児を機に、会社を去られてしまった場合、その方と同じレベルになるための採用コスト、教育コスト、そして、そこまでに到達するための時間(コスト)を考えると、ご本人に継続の意思があれば、育休取得後、復帰して頂いた方が、はるかにコスト削減につながります。

もし、御社の育児休業制度が未整備であるなら、早急に取り組んでください。制度はあるものの「このままで問題ないだろうか?」と不安に思っているなら、専門家にお任せするのも一つの方法です。

そこで、御社の育休制度が正しく整備されているか、また、これから育休制度をきちんと準備していきたいということであれば、「育休制度導入・見直しコンサルテーション」をご利用下さい。

★育休制度導入・見直しコンサルテーションの詳細&お申込みはこちら

お待ちしております。

それでは、またお会いしましょう!

 社会保険労務士 佐佐木 由美子


2014年03月11日

Backnmber